2018年07月29日 22時32分

失われたシリを求めて(2)

今月4日に、ジムでよその爺さん達のシリを眺めて、突然、自分のシリもすっかり肉がなくなっていることに気がついて、1ヶ月、シリを取り返すべく頑張ってきた。

 …というのは半分嘘で、あまりに暑いからサイクリングとかできずに、ジムしかいくところがなかったので、結果、真面目にトレーニングする日々が、俄然増えたのである。

 おかげで体調はえらく良い。腹が減って、野菜もりもり蕎麦やソーメンにかけてくっちょるからね。普段より余計に食うとるですな。

 なんせ、ヨガの授業をふたコマ、その間の一時間をジムトレ、帰りに暑いからプールでひと泳ぎとか、まあ、昔の自分なら考えにくいほど、トレーニングじいさん化しちょる。

 ただ、ジムのマシンてなあ、どうもシリを取り戻すには向いておらぬような気がする。どっちかというと、上半身や腹筋を割るためのものじゃないかという疑いを持つ。マシンなんぞ10種類以上あるんだが、トレッドミルをのぞくと、みな筋肉モリモリ系。

 唯一、椅子に座って、両足でお守りのついた床を押すと、椅子が動く仕掛けのがあるが、これもふくらはぎから、大腿四頭筋を鍛えてしまって、大臀筋とかはちょっとだけのような気がする。

 まあ、別にいいんだけど、わがトレーニングのテーマはシリを取り戻すことなのである。

 そこで、Amazonをググって見たら、「おしりを鍛えると一生歩ける」(池田書店、松尾タカシ著)というのが、1円で売ってたから買って見た。

null

 なるほど、お尻のトレーニングの専門家と言うだけあって、疑問解消。やはり自分が感じていたとおりであった。曰く、筋肉には「推進筋」と「抗重力筋」があって、トレーニングマシンで鍛えられるのは、圧倒的に「推進」の方だという。つまり素早く、力強く動く筋肉のこと。で、老人がちゃんと立ったり、つまずかないようにバランスをとる役目をする「抗重力」の方は鍛えられない、とある。

 そればかりか、なんとなく疑問に思っていた、「水泳爺さんのシリはなぜペッタンこ?」、「スーパーウォーカーたちはなぜ山には登りたがらない?」といった疑問にも、「実は水泳もウォーキングもお尻の筋肉は鍛えられない」とあるのだった。なるほどねえ…。要するにどちらも「推進」系運動なのであるが、「推進」は、「体の重みを支えられない」のである。というか役割が違うのね。

 では、どうしたら「抗重力筋」を鍛えられるのか?と読むと、これがなんと「自分の体重だけ」を使って、毎日、約30秒づつ7種類の体操をするだけで良い、という。寝転がってお尻を上げたり、四つ這いで片手片足を伸ばすとか、てんで簡単な運動ばかり。

動かないから大して疲れもしないが、それでも一通りやると、体が結構ポカポカしてくる。

 これ、なんとなくピンとくる。昔、野口三千三先生も、「筋肉は運動器ではなく、操縦器だ。力を出すのではなく、力をコントロールする役割」とおっしゃっていたが、この感覚器の役割を果たすのが「抗重力筋」だと、この本にもかいてある。みかけはやすっぽいが、あなどれない本なのである。


 ふむふむ。と言うわけで、この人の言うように、効果の出るまで半年、毎日、寝る前にこの簡単な、お尻体操(「7つのベビーステップ」と呼んでいる)をやってみよう。

 それにさきだっての4つのテストがあって、これも面白かった。レベル4の左足がちょっとヨロっときたけど、なんとかクリア。「このままで行けばあなたは死ぬまで歩け、寝たきりにはならないでしょう」とは嬉しい話。つまりは、そのためにやっとるのであるからね。


null

 理想は、年末に写真の女性のヨガポーズを30秒、できれば60秒間決めることである。このポーズが難なくできるなら、もうまちがいなくシリは復活しておろうもんね。できるかな?わくわく。

 もっとも、注意事項はひとつだけあって、「最初の1ヶ月はやりすぎないこと」とある。継続が大事であって、頑張るとダメなんだと。張り切るとだめらしいw。

null


カテゴリー: ダイエット | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2018年07月18日 23時14分

老人クロール太極拳泳法へ

 あちこちで、外は40度とか聞こえるこの夏、いつもの年なら家でノビとるのだが、今年は熱心にほぼ毎日ジム通い。ジムのほうが涼しいのである。それに老人ばかりだから、昼間のものすごい暑さの時は、プールががら空きで、二日に一度いくと、そのうち更に二回に一回はなんと一コース、まるまる自分だけとかが結構あるし。

 と言うて、こっちは「50mクロールができないで、途中でブクブク」。だが、これがまた良い。つまり、練習して、「お、今日は25mいけた」「今日は、復路の20メートルでブクブク」とか、老人水泳の進歩が味わえる。進歩の味わいは、少年の頃と同じで結構嬉しいのであった。本日はついに25mを12回、つまり6往復できた。無論、25mで足をついて、深呼吸して、10秒以上回復にかけて、また戻って、ゼイゼイと休んで…と。少年の頃は、なんとか足をつかないで、300m泳いだのとはだいぶ違うといえば、違うのだが、やってることは同じだといえば同じなのであるから、楽しさも、まずだいたい同じなのだ。日々是進歩。

 目標は、老年でも平気で、たゆとう海藻のように、ふわりふわりと300mぐらい平気で泳ぎきる老人クロールの達人たちの、かの「プールの太極拳」である。平泳ぎは前にやって、腰を痛めてしまったからなんとしてもこれを覚えないといかんのですわい。

 技術的には、先日、今の自分は、なんと体力的に50mのバタ足ができないのを発見して、毎回、ビート板をもって2往復。100mをバタ足で練習。これがまあ、なんとかやれるようになってきた。

 ところが、今日、後から来た女性が「老人クロール」やってるのを、プールサイドから観察していたのだが、驚いたことに、足は全然といっていいほど使ってないのね。まあ、凧の足みたいなもので、そのまま空中に浮かんでいるように、水の中でユラユラしてるだけである。それでも、平気で進んでいくし、こっちがゼイゼイ、サイドでノビている間にも、1往復、2往復、3往復と進んでいく。まさに、水の太極拳であるですな。無理に息をつごうとしてブクブクとかならない、一定のリズムでメトロノームのように水を手で掻くようにタイムを刻んでいく。うーん、すばらしい。

 でも、だいたい、自分以外はそういう水練達者のワカメ婆さんとか、カツオ爺さんばっかりだなあ…。ジムはむきむきジジだの、ケツばりばあさんばかりだし、腹の出たやせっぽ爺さんは、なかなかいる場所が見つからねえ。

 ま、この調子でやれば8月中には、なんとか「老人クロール太極拳泳法」を身につけられるかな。なんせ、こう暑くちゃ、他に行くところないからな…ただ、ジムで2、3時間過ごすと、結構運動になって腹が減って、バリバリ食っちまうから、体重は69〜70kgから全然減らねえ(^^;)。

カテゴリー: ダイエット | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2018年07月10日 22時00分

”新兵器”はサメの卵w

これ、なんだかわかりますかな?この歳になって、買うとは自分でも思わなかった”サメの卵”w。
null
 マレーシアのプールで、クロールができずにブクブクと沈んだのをきっかけに、再び、現在、「老人クロール」に挑戦中。「老人クロール」とは自分が勝手に名付けた、要するに早くない、昆布のように波間をたゆとうがごとく往来する泳法。なに、ジムのジジババはみなそれをやっておるです。

 自分はそれが、25mしかもたない。復路の25mは、途中でブクブク。はて、昔は今は亡き友人と、300mぐらいまではついていけたんですがな。友人はその後、高校水泳部に入って3年泳いで、「俺、木原光知子より遅いんや」とかいうてたけど、わしゃ半分ぐらいしか泳げなかったが、いくらなんでも25mということはなかった。

 これが「老い」というやつか、とほかのことでは、なかなか実感できない体力の衰えを、はっきり、具体的に目の当たりにあらわしてくれる。そこが、わりと気に入って、ヨガの後や、ジムのトレーニングマシンと小一時間付き合ったあと、プールでひと泳ぎするのが楽しみになりもうした。

 楽しみというのは、「25mでバテバテ、50mでブクブク」を確認することによって、「うーん、こらあかん、もっと気合いをいれてジムトレやらんと」という決意につながるからであります。そうでもないと、すぐやめちまう性格ですからな。

 ただ、昔は、ツバキで耳の穴濡らしていたが、もういまやツバキも粘度が全くないらしくて、いくらでも水がはいってきよる。

 その昔、2年続けて夏休みに、自分だけ中耳炎になってしもて、いとこが楽しそうに葉山の海に泳いでるときに、自分だけ、逗子の耳鼻科に通ってるうちに夏休みがおわっちまった体験を持つ身としては、この歳でいまさら中耳炎になりたくないし、帰宅後、綿棒でガサゴソやるのも、毎度ではかなわん。なんかええもんないかいな、とAmazon様に検索相談したら、あっというまに、ミズノとspeedの耳栓を発見。どちらも大昔と違って、けったいな格好していて、800円とかのお値段するけど、もう「大人買い世代」ですから、両方とも注文、馬鹿でかい箱に入って到着。
 
 さ、こんなプロ級耳栓をつこて、200m泳ぐのがやっとのジジですが、なんとか「失われた尻の肉」をとりかえすべく、がんばんべ。
 

 

カテゴリー: ダイエット | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2018年07月04日 01時03分

失われた尻を求めて…

 この6月、マレーシアに行って、暑いからプールに入って泳ごうとしたら、クロールができないことに気がついた。20〜30mも行かないうちに、ブクブク沈んでしまう。もともと苦手で、あまりやらなかった泳法だが、一応、自分では4泳法で50mプールを大学時代に泳いで、体育の授業に「可」をとったはずだ…とかおもいだしても、やっぱりブクブク。

 これは、息継ぎが苦手だったから、今でもダメなんだろうと、ネットで「クロールの泳ぎ方」の映像を見て、ビート板をつかってバタ足の練習をしてみた。なるほど、25mやっとこさで、折り返すともうへなへな。明らかにあんよがよわっている。

 でも、いまのクロールだのは、上半身の力で推進するから、別にあんよが弱っていても、水泳になれた年寄りは、ワカメがただよいながら太極拳を水中でおこなうがごとく、ゆるゆるふーはーと前進していくのだね。ふむふむ、やっぱり息継ぎがへたなのかしら。

 とか、いろいろ不思議におもって、帰国してからもジムのプールにちょっと顔を出す。あまり人がおらない夕方、ビート板をつかってやったりしていたが、ジムの風呂に入って、ハッと気がついた。ウィークデーの真昼間だから、風呂にきとるのはほとんどがジイさんばかり。そのジイさんたちに見事に共通しておるのは、「尻の筋肉がない」どころか、「尻がない」という衝撃の事実だ。腰から足までそのまま、レゴ人形を切り干し大根でこさえたらこうなるんだろうという具合に、シワシワでストンと足になっとるのである。

 で、自分の尻は見えない。が、鏡を横から見ると、たしかに半世紀以上ずっとそこにあったはずの、丸みがまったくなくなって、「背中」からそのまま「足」になっておるではないか。うーん、「筋肉が弱ってる」のではなく、「ない」のである。これでは、なるほど、バタ足とかいうてもバタつくこともできないで、ユラユラと上下動するしかないではないの。

 謎は解けた。が、ちっとも嬉しくないなあ。えらいこっちゃ。これまではもっぱら下腹がぽこんとでてるのをなんとかしようと思って、減量に取り組み、4月から3月かけて5kg減量に成功した。それによって体重分、身が軽くなって動けるような気がして嬉しいから、水泳とかやってみようと思ったのであったが、その先の新発見は、「老人の失われた尻」問題であった。

 尻、つまり臀筋がなければ、階段も山道も登れない。後ろに蹴り出す力がないから走れない。踏ん張りも効かない。身体の他の部分に比べて、なんとなく滑稽で猥雑である種の差別を受けてきた「尻」だが、いまや、老いと手を携えて逆襲にでてきとるな。これは、下腹の隠れたネコ1匹分の脂肪を、なんとか、尻側に移動させ筋肉化するる方法を考えねばならん。ことし下半期の課題にしよう。

カテゴリー: ダイエット | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2018年06月05日 16時34分

やった〜 瞬間風速5kg減量\(^o^)/

瞬間風速ながら、今朝ほど体重70.6kgをマーク。いや、これ、二ヶ月前は、同じ瞬間風速で75.6kgをマークして、うまれてこのかたの新記録を、やっとこさ返上しました。ふうふう。やっと下向いて、Tシャツの柄がみなみえるようになりました。

 原因は1、2月の寒さに負けて家から出ないで、パソコンの前に座りっぱなし。3月から腰痛、つづいて花粉症で外出もままならず、と。気がつけば歩くのが重く、脳味噌もなにやら、働きが鈍くなってきた自覚症状。うつむくと自分の腹で足先が見えない。Tシャツの模様も自分では見えないし、かがみをみると鉄人28号がTシャツを腸詰めのように着ておる。これはいかん、と減量開始がほぼ2か月前のある朝のこと。

 まず、朝晩体重を計る、例のためしてガッテンの「計るだけダイエット」をはじめたが、最初の数週間は、全然といって減らなかった。で、毎日せっせと歩くか(10000歩ぐらい)、自転車(20〜30k)、梅雨に備えて、家の中でステッパー(40分ぐらい)とか、やって、一月後で73〜74kg。まあ、すこしは効果があるようだと、だんだんカレンダーに体重を書き込むのが趣味になって、さらに晩飯はご飯茶碗いっぱいだけ、酒、ビールなどアルコール類をきっぱりやめ、やっとこさここまで到着。なに、お酒は味もだんだんわからんようになっとるから、別にやめるのは苦労はなかったですがな。

 と言うても、70kgと言うのは、去年の秋の水準に戻っただけなので、本格的にあと3kgを落とすのはこれから。
 歳のせいでエンジンが弱ってるぶん、体重が減ると逆に体が軽くなったなあ、という「体感効果」がよくわかるのが結構励みになりまする。あすから孫のお守りでばあさんと海外出張。帰国時に、70kgライン突破が目標ですわい。でも、今晩の機内食は夜中の1時にでるそうな…はて迷惑な(^^;)。

null (「うむ、これだけはらにくっついておったのか」と我ながらぎょっとしとるです)

カテゴリー: ダイエット | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2018年05月10日 20時17分

自転車で30km、目下73kg

4月初旬、なんと冬の到来からこのかた、腰痛の3月までに、体重が75kgを超えているのにショックを受けて、花粉の季節がやや峠を過ぎた10日ごろから、減量トレ開始。雨ニモマケズ、風ニモマケズ、と言いたいが、実は雨には負けて、風にはメゲテ、ではあるが約ひと月。ようやく73kg〜72・5kgぐらいに到達。

 一昨日から、昨日は雨だったので、本日午後から晴れたから早速自転車トレーニングへ。本当はiPhoneで中国語語学講座一週間分を聴きながら歩くのが一番なんだが、どうもこの間、頑張り過ぎて左足のアーチにう違和感がある。こういうのは年寄りは軽視すると、たちまち悪化してえらいことになるので、エンゼルスの大谷選手より、もっと気をつけないといけない。よって、自転車。

 4日前には、多摩川沿いのサイクリングロードの立川側の終点まで行ったから、本日は、多摩丘陵コース。府中競馬場から是政橋を通って、新大丸交差点を直進し、そのまま城山公園まで駆け上がる…というと聞こえはいいが、なに、よれよれとよじ登るサイクリング。しかし、このひと月、ほぼ毎日、トレーニングして来たから、なんとギア二枚を残して完登できたのであった。ふう。
null
 そのまま、うしさん公園とかめさん公園を抜け、野球場と陸上競技場の未来的環境眺め、多摩市陸上競技場を通って、関戸橋から府中市へ戻って、家までちょうど30kmで3時間。時速10kmやがな。

 もうこの距離でも、帰りはちんたらしてると、ママチャリの、おなかのぼこんとでてるアラフォーおばちゃんらに抜かされたりして情けない。こちらは前3後ろ7段のジャイアント製の一応、スポーツ車なのであるがね。

 ま、それでもこれぐらい走ると、200gぐらいは、一時的にせよ減るはずなのである。目標は、あと二ヶ月で68kg。がんばるべさ。ふう。

カテゴリー: 総合 | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2017年02月25日 15時47分

ヨタJOGで足がつった(^^;)

毎週一回、できれば冬の間には二回ぐらいは山に行こう、と思ってた。だが、実際には1月に2回、二月に1回、奥多摩の山にハイキングできただけ。せめて二月の旧正月が明けたら頑張ろうと思っていたのが、週末に向けて、月曜日と火曜日にステッパーを一時間づつ踏んでいただけで腰をやってしまって、それがなおるのに10日もかかるのだった。70歳の声を聞くとボディの回復の遅さも、壊れやすさも一段階以上、進んでる。
 

カテゴリー: 総合 | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2017年02月13日 21時11分

高水3山で「禁煙、ダイエット、ハイク」、ジジ道修行

 12月から、高尾周辺ばかり歩いていたので、気分転換にもなるかと青梅方面へ。青梅から軍畑までのハイキングコースでもよかったんだが、天気がバカにいいので、いっそこれなら遠くがみえそうな高水3山を頑張ってみるかと、軍畑駅からスタートしたのが9時。地図忘れたので電車の中で500円でスマホ用をダウンロード、便利な世の中じゃ。

今日の最大のテーマは「禁煙」。なんかくちのなかに小さなできものができたで、今週、木曜日に多摩医療センターで手術するんだが、その担当の若い医者が「これをきっかけに禁煙しましょう」と押し付けがましいのよ。でも、まあ、確かに、肺のパワーがゼイゼイいうて、呼吸が浅くなるって、なんちゅうか空気漏れのシリンダーみたいな感じが最近ちょっとするんだねえ。もう山を登る筋力は増加するのは無理そうだから、なるべくなら効率をめざさないとねえ…。ここらが喫煙は年貢の納めどきかなあ、と考え、きょうはタバコを持たないで登山。汗といっしょにニコチンを流し出して、しばらく禁煙やってみるべ。なに、わしゃなん度もやったことがある。禁煙のベテランw
20170213-img_2083.jpg

カテゴリー: 登坂力アップへ | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2017年02月13日 18時34分

腰痛からやっと回復、ジジだねえ…

ようやく孫も帰って旧正月も開けた、さあ、トレーニングだと張り切ってジムでたった二日間、予備運動しようとステッパーを荷重最大にして1時間づつ、二日やっただけで腰痛でダウン。それから一週間、鍼灸治療を受けてもイテテて状態であった。なんと情けない。

 どうやら、ああいうマシン型トレーニングは負担が同じ場所にかかるので長くやるととしよりはダメなのね。いくら爺さんでもハイキング行くと、4、5時間は歩いているわけだから、つい1時間ぐらいなら大丈夫だろう、と油断した。年寄りが体を壊すのは、だいたい、この「油断」つまり、自分の過信だから、自慢にならねえ。

カテゴリー: 登坂力アップへ | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2017年01月07日 20時46分

新年マゾヒスト・ハイキング第二弾

 アンヨ回復計画新年第二弾。月曜日と金曜日をトレーニングデーにしてるんだが、今度の月曜日は雨だってえから、朝、ちょっと寝坊したけど出かけることにした。

 9時半に高尾着。土曜日だから臨時のバスが陣馬山下まで出てるんだ。それにのって、「夕焼け小焼け」という変わった名前の停留所で降りた。降りたのは自分一人で、あとはみな陣馬山の方にいっちゃった。どうりで休日の陣馬山〜高尾山の間は銀座並みのラッシュになるはずだ。俺はもう通だなw。あまり混むと挨拶するのがめんどうでトレーニングにならんのよ。

20170107-_________01.jpg

カテゴリー: 登坂力アップへ | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2017年01月01日 17時50分

だらだら元旦ハイキング〜新年アンヨ計画は八王子城址から〜

 あけましておめでとうございます。今年の目標は、「坂道も歩ける散歩用アンヨ」の復活というので元旦から山城ハイキングをしてまいりました。20170101-20170101.jpg
 去年はひょんなことから山手線一周ウォークに参加して、それなりに完歩でまあ、ええかとおもたんだすが、その後、陣場山〜高尾縦走で、坂道用のアンヨがないことを発見。「失われたアンヨを求めて」の旅の始まり。なに、これはきっと宇宙のヒモ理論じゃないけど、我が体の異次元に丸まってしもとるんであるから、歩くことによってしか発見できませんからとにかく山っぽいところへハイキングすることにしました。

 でも、ただ歩くというのは目標が曖昧で困るので、「大人の遠足ブック 高尾・陣場奥多摩を歩く40コース」(JTBパブリッシング)という本を買うてきて、この全コースを2017年に歩くことに。「日本百名山」派にくらべたら幼稚園か保育園みたいなもんだすが、この最初の方にでてくる「高尾山周辺」でもこちらは散散な目におうとるぐらい、アンヨは弱ってるのでちょうどよろしかろ。

 40コースというたら簡単のようだすが、一年54週間だから毎週一回ぐらい。それに6月から9月中旬なんてえのは猛暑の年は、低山はもう暑うてよう歩かんです。いや、「山のシーズン」とかにだまされて、大勢の人が汗ながして行ってるけど、わしゃ無理よ、夏がシーズンちゅうのはもっと高い山のことですがなあ…ま、他人様の趣味にケチつけるきはおまへん。だた自分の季節としては1〜5月、10月〜12月しかなくて、それもずっと晴れた日が続くベストチャンスは冬の今ですがな。ぼけっといえにおらんどさっさと行かんかい、てなもんです。

 というわけで、別に元日ったって、孫も婿殿の実家に帰ってるし、家にいても大してすることもないので、朝から、一番簡単そうな最初の方にでてくる「八王子城址」というのに行ってみました。高尾駅からバスで10分もかからんところから、ちょっとあるくと、「城館」があって、その山の上に「八王子城」というあまりきいたことのない城址があるらしい。なんと、「日本百名城」に入ってる、っていうのだねえ。22番目かなんかだと。…でも、正直、全然聞いたことがない。大体「百名城」だってなんだか怪しい。

カテゴリー: 登坂力アップへ | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2016年12月18日 13時43分

大人の遠足〜奥多摩ハイキング案内

 昨日で3回目の「登攀筋肉回復めざす薄皮剥ぎトレーニング」を行ったが、3回続いたてえのは飽きっぽい自分にしちゃちょっとしたもんだ。

 実は8月から「ポケモンGO」の力も借りて、ご近所散歩をやっとって、そこそこ歩けるようになってきたんだな。その延長に「登攀筋力の劇的劣化現象」が発見されて、という順番だからだな。いきなり行ったら多分、続かなかったはずだ。

 というわけで、図書館から奥多摩のコース案内の本を借りてきたら、思ったより色々なコースがあるんだ。気に入ったから即、Amazonで同じ本を購入。自分の本でないと書き込めないからね。こういう本はどんどんノート代わりに書き込んでいくほうが楽だし。
20161217-img_1769.jpg

カテゴリー: 登坂力アップへ | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]

2016年12月17日 20時56分

大垂水峠から高尾山口

冬の東京は奥多摩ハイキングのベストシーズン。思えば11月2日に、遠藤PPK教団に誘われて山手線一周にお付き合いして以来、このところ俄かにアンヨトレーニングで、本日はその3度目。

 まず、最初の「陣馬ー高尾」でヘロヘロ。これではならじ、と先週、道を間違えた「草戸山」でもやはりゼイゼイ。ただ、わずか玉ねぎかニンニクの皮一枚分、連続トレーニングの効果が感じられた…ような気がしたので、今回は「大垂水峠」から、逆コースで高尾駅を目指すことにした。


 

カテゴリー: ウォーキング事始め | 執筆者: Jun [ 続きを読む ]