ニューメキシコ〜テキサス 五日目

コロラドからニューメキシコへ。三つの大きな登坂を終えた桜井は、今年変更された部分のコースに入った。コロラド〜ニューメキシコ〜テキサスと、夕立のようなスコールに見舞われ、その都度ヒートロスもあって体力を消耗する。加えて、この一帯の平均標高2000mという高さからやってくる、酸素不足による睡魔に悩まされ、速度がでない。

また、首の問題も再浮上しはじめた。日本で作ってきたギプス様の補助具やハンドルバー部分に装着する改造部品などを使って、何とか症状の進行を阻止・緩和しようとした。男子ソロ四位の順位でひたすら距離を稼ぐが、改造部品などをしても、なぜか今年の症状にはうまく役立ってくれない。

下)'95年のRAAM初挑戦中に工夫されたあご載せ。

不具合が出る都度、自転車を変更調整するので、メカはもちろん、クルーも忙がしくなる。

Send Mail to Webmaster
Photos, Graphic Design and Copies © Daisuke Tomiyasu