ジャングルでの普段の偵察は、選抜され訓練された兵士が案内する。

ジャングルでの普段の偵察は、選抜され訓練された兵士が案内する。偵察警戒は敵とコンタクトし、自分の境遇を見出すことを目的とする。通常、このような警戒任務は、方位磁石、携帯無線機、地図作成具を携えた5〜10名で編成される。

前へHOME次へ


(c) Mliitary Interlligence Service War Department Wasington D.C. USA 1944

Publishing as Web by DIGIHOUND 2002